恐怖の非定型うつ病に打ち勝とう|心を蝕む存在

医者と看護師

新しいうつ病

カルテを持つ先生

少し頑張ることが大切です

最近では、非定型うつ病といううつ病が増加しています。従来のうつ病に比べて、症状も違い10代〜30代の若い女性に多い傾向があります。非定型うつ病の症状は、夕方になると気分が悪化する、過眠・過食、体重増加、眠気、倦怠感、良い事があれば気分が良くなるのが特徴です。非定型うつ病は、従来のうつ病と症状が異なるために、うつ病であることが分かりづらく周りからは、わがままでさぼっているだけだと思われがちです。非定型うつ病の人は、病院での早期治療が難しく、気が付かないまま悪化してしまうケースも多いので注意が必要です。病院での治療は、主に薬物治療と心理療法になります。非定型うつ病の人は、従来のうつ病よりも薬の効果が効きにくいと言われています。一番の治療法は生活習慣を改善し、自分自身の考え方を見直し、症状の対処法を学ぶことが大切です。心理療法で、根本的な考え方を見直し、自分を守る方法を学びます。心理療法を行うことで、再発防止に効果があります。日常的にも、生活習慣を見直し、規則正しい生活を送ることが大切です。非定型うつ病の治療は、少し頑張ることが必要です。休養することも大切ですが、少し頑張る方が治りやすいと言われています。

理解することが大切です

非定型うつ病は、まだ認知度が低く誤解されやすいことが多い病気です。好きなことはイキイキとできるが、それ以外のことはできないといった症状から、わがままな人と思われがちです。非定型うつ病の今後の動向としては、患者が増加するにつれ、認知度も上がり病気に対しての理解が得られるようになるのではないでしょうか。従来のうつ病とは全く違う症状ですが、非定型うつ病も心身共に辛い病気です。認知度が上がり、病院へ受診する人も多くなり、早期治療を行うことができることでしょう。病院の治療は、薬物治療と心理療法が中心ですが、再発防止のためにも心理療法を行う病院も増々増え、治療に対しての体制も整うのではないでしょうか。非定型うつ病の人は、相手が言った言葉を悪くとらえてしまう拒絶過敏症という症状があります。そのために、周りの人は接し方で苦労している方が多いようです。拒絶過敏症には冷静に対応することが大切です。非定型うつ病の人には、少しのプレッシャーや負荷がある方が治りが早くなると言われているので、周りの対応も大切になってきます。規則正しい生活を行うことが治療に繋がるので、生活習慣を見直し、生活改善に取り組みましょう。