恐怖の非定型うつ病に打ち勝とう|心を蝕む存在

病院でココロの病気を知ろう

新しいうつ病

カルテを持つ先生

非定型うつ病は従来のうつ病とは違う症状なので、病院へ行かずに悪化してしまうことが多いです。治療では薬物療法や心理療法を行いますが、心理療法は再発防止に大きな効果があります。生活習慣を見直して、規則正しい生活をこころがけましょう。

詳しく読む

非定型のうつ病とは

下を向く人

興味や関心の有無

非定型うつ病というのを聞いたことがある方は少ないかもしれませんが、最近増えているうつ病のかたちです。心を蝕む存在であるうつ病は気分が沈んで何もできなくなる状態ですが、非定型うつ病は気分の沈みがあってできないことは多いけど好きなことはできるといった特徴があります。うつ病の場合は好きなことすら手につかなくなったり興味を失うものですが、非定型うつ病は好きなことへの興味・関心はあります。その状態は周囲の人からはワガママと思われがちですが、興味や関心という気持ちが少しでもあるのは改善への希望があります。否定せずに柔軟な対応をすることが大切ですが、甘やかすことは避けたいので改善へ促すことも忘れたくないところです。社会に出て正常に働けている人と同じようにオンオフを身につけさせることが重要なので、改善に向けて出来る限りの努力をしながら趣味への楽しい時間もとることが大切です。趣味などで楽しい気持ちを感じている内に、改善への心持ちを持つ場合もあります。非定型うつ病は病院で診断されないことも多く、病院ではどれにも当てはまらないなどと言われることもあります。そう言われたからといって全員が非定型うつ病とは限りませんが、その可能性がある人もいると思います。

適正な対応と環境を

一般的なうつ病よりは症状が軽い非定型うつ病ですが、当人にとっては深刻な精神状態があるのは確かです。軽視したり叱咤激励をすると本当のうつ病や他の精神疾患に移行することがあるので、当人に無理をさせないようにすることが大切です。当人はもともと傷付きやすい・生真面目・気を使う性質・自己表現がうまくできない・ストレス発散がうまくできないなどと、常に周囲の人や物事に対し神経を使ってしまう人が多いとされます。周囲や物事に神経を使ったり生真面目なのは良いところにもなりますが、度を越すと負担になります。人には誰にでも心の限界というものがあり、ストレス発散が下手な人ほど耐えられる度合いが少なくなります。ストレスを軽減させるにはストレスを感じる物事や場所から離れることが必要ですが、生真面目な人は休むことを嫌うことが多いのです。しかし休まないと限界を超えて大変なことになるかもしれないので、心身やそのどちらかに不調を感じたら一時的にでも休息をとることが大切です。病院では非定型うつ病と診断されなくても、当人にはツラい症状があります。症状がツラくてたまらない場合は、病院にて薬を処方してもらうことも可能です。ただ薬は副作用の心配もあるので、生活習慣の見直し・周囲の対応の見直し・自分の考え方の見直しを行うと少しは良くなるかと思います。

怠け病ではありません

先生

最近増えている非定型うつ病は、持続的に症状が現れてくるわけではありません。仕事に行く時間が近づいてくると、腹痛やめまいなど身体的な症状が現れたり不安を感じたり怖くなったりするような精神的な症状も現れたりします。病院での治療が必要となることもありますが、周囲から理解を得にくい病気でもあるのです。

詳しく読む

うつ病らしくないうつ病

相談

うつ病の中にうつ病らしく見えない「非定型うつ病」が見られるようになってきました。抑うつ気分があるのはうつ病と同じですが、睡眠や食欲の表れ方などにかなり違いがあります。治療はうつ病と同じく精神科の病院で抗うつ薬を使う薬物治療をおこない、それと同時に生活改善によって症状を軽減します。

詳しく読む

本当に病気なのです

診察室

非定型うつ病は好きなことをしているときは元気になり、それ以外の時間はうつ症状を現すため周囲から本当に病気なのかどうか疑われることも多いのです。しかしうつ症状が現れるときは辛く病院で治療を行なう必要があることもあります。

詳しく読む